NPO労務サポーターとは

  • Google Bookmarks
  • Yahoo!ブックマーク
  • はてなブックマーク
  • del.icio.us
  • livedoor クリップ
  • POOKMARK Airlines
  • ニフティクリップ
  • Buzzurl
  • newsing it!


「NPO労務サポーター」は、社会保険労務士石田信隆の造語です。
NPOの労務問題を解決し、継続して活動していける仕組みづくりをサポートするという意味をこめています。
私自身、NPOで働いていた経験があります。NPOの持つミッションに共感し、なんとかNPO仲間たちがもっと活動しやすくなるためのお手伝いができないだろうかと考えたのが始まりです。

世の中にはさまざまな問題があります。
少子化、高齢化、環境問題、町やコミュニティの崩壊、障害者の雇用問題、家庭内暴力、過労によるうつ等等・・・
これらの問題を自分のこととして受け止め、「放っておけない」「何とかしたい」想いをカタチにしていくのがNPOです。すべてのNPOには尊いミッションがあります。

日本においてNPOという言葉がさかんに言われるようになったのは、1995年の阪神淡路大震災後です。1995年は「NPO元年」と言われ、1998年にはNPO設立を容易にするための「特定非営利活動促進法」が整備されました。
実はNPOが認知されるようになったのは最近のことなのです。

まだまだ日本のNPOは十分な理解を得ているとは言い難く、活動するための資金が思うように集められないこともあります。

私がご相談を受けたそれぞれのNPOが、活動しやすくなり、社会的認知が進むことで、NPO全体として広く理解を得られるようになることを目指しています。


「NPO労務サポーター」は、NPOの雇用のルールや働き方、労務全般の悩みの解決のお手伝いをいたします。

NPOの労務問題

・NPOは公的保険に入らなければいけないのか?
・スタッフには有給の者とボランティアがいるが、気をつけるべきことは?
・民間企業に勤めながらNPOの活動もしているが、注意点は?
・NPOの就業規則はどう作ったらいいか?
・スタッフの採用はどうしたらいいか?

NPOの皆様が全力でそのミッション達成に向けて活動しているように、「NPO労務サポーター」である私も、人生をかけてNPOの労務をサポートし、暮らしやすい社会の実現に貢献できるよう努力していきます。