公的保険の内容

  • Google Bookmarks
  • Yahoo!ブックマーク
  • はてなブックマーク
  • del.icio.us
  • livedoor クリップ
  • POOKMARK Airlines
  • ニフティクリップ
  • Buzzurl
  • newsing it!


公的保険の種類

大きく分けると、公的保険は労働保険(労働者災害補償保険、雇用保険)、社会保険(健康保険、厚生年金保険)があります。
労災保険は、労働者が仕事中または通勤中のけがや病気に対して保険給付を行う制度です。雇用保険は、労働者が失業した場合などに必要な給付を行います。
健康保険は、NPOなどで働く人や家族が業務以外でけがや病気をしたとき、必要な給付を行う制度です。厚生年金保険は、NPOなどで働く人の老齢、障害または死亡について保険給付を行います。

 

公的保険のメリット

労災保険を例にあげてみたいと思います。仕事中にケガや病気をしたとき、労働者は自己負担なしで治療を受けることができます。
労災保険は、たくさんの事業主から保険料を納めていただきます。政府は、仕事中にケガや病気をした労働者に治療費などを補償することで、事業主の負担を軽くしています。みんなで支え合う公的保険の大切さをご理解いただければ幸いです。

 

公的保険に入らなければ、どうなるの?

事業主が労災保険の加入手続を怠っていた期間中に事故が発生した場合、労働者やその遺族には労災保険が給付されます。その一方で、事業主からは給付された労災保険の金額の全部又は一部が費用徴収されます。別途、さかのぼって保険料も徴収されることになります。