NPO労務サポーターで“雇用創出”タグの付いているブログ記事

雇用創出の基金による事業

  • Google Bookmarks
  • Yahoo!ブックマーク
  • はてなブックマーク
  • del.icio.us
  • livedoor クリップ
  • POOKMARK Airlines
  • ニフティクリップ
  • Buzzurl
  • newsing it!


地域の雇用失業情勢が厳しい中で、厚生労働省は、離職した失業者等の雇用機会を創出するため、各都道府県に平成23年度末までの基金を造成し、各都道府県及び市区町村において、地域の実情や創意工夫に基づき、雇用の受け皿を創り出す事業を行っています。

http://www.mhlw.go.jp/bunya/koyou/chiiki-koyou3/

緊急人材育成・就職支援基金による基金訓練の認定基準を改定

  • Google Bookmarks
  • Yahoo!ブックマーク
  • はてなブックマーク
  • del.icio.us
  • livedoor クリップ
  • POOKMARK Airlines
  • ニフティクリップ
  • Buzzurl
  • newsing it!

中央職業能力開発協会は、緊急人材育成・就職支援基金によって、雇用保険を受給できない人に対し、職業訓練の機会を受講料無料で提供(基金訓練)するとともに、訓練期間中の生活費の給付(訓練・生活支援給付金)を行っています。これらの一層の充実を目的とした、基金訓練に関する改正認定基準が8月30日から施行されます。主な改正概要は以下のとおりです。

1.訓練カリキュラム
 訓練スケジュールを受講開始時までに受講者に配付するとともに、キャリア・コンサルティングの実施予定を受講者に提示すること。また、職業横断的スキル習得訓練コースについては、3回以上キャリア・コンサルティングを受ける機会を確保すること。
2.訓練実績を次回以降の質的改善につなげる仕組み
 実施した訓練コースについて、訓練終了後3カ月を経た時点の就職率が30%以下など、所定の基準に該当した実施機関が、同一都道府県内で同種の訓練計画の認定申請を行おうとする場合には、改善計画の提出が必要。
3.受講者に対する就職支援
 (1)就職個別相談の実施、(2)求人情報の提供、(3)履歴書の書き方指導、(4)就職マッチングイベント等の情報提供、(5)公共職業安定所への受講者の誘導、(6)面接の指導のすべてを就職支援として行うこと。

農林水産省、都市と農村をつなぐ仲介機関「田舎で働き隊!」を選定

  • Google Bookmarks
  • Yahoo!ブックマーク
  • はてなブックマーク
  • del.icio.us
  • livedoor クリップ
  • POOKMARK Airlines
  • ニフティクリップ
  • Buzzurl
  • newsing it!
11日、農林水産省は、「田舎で働き隊!」事業の助成先にNPOなど11団体を選定しました。今後、これらの機関は、田舎で働きたいと考える都市部人材と人材不足に悩む農山漁村のマッチング、農村活性化を担う人材の育成・確保などの活動に取り組みます。
http://www.maff.go.jp/j/press/nousin/kouryu/090511.html

http://www.maff.go.jp/j/nousin/kouryu/zinzai/pdf/h21panhu.pdf

厚生労働省、雇用創出支援地域に56カ所選定

  • Google Bookmarks
  • Yahoo!ブックマーク
  • はてなブックマーク
  • del.icio.us
  • livedoor クリップ
  • POOKMARK Airlines
  • ニフティクリップ
  • Buzzurl
  • newsing it!
8日、厚生労働省は、雇用情勢の厳しい地域での雇用創出を支援する「パッケージ関連事業」の対象として、秋田県男鹿市など56カ所を選定しました。地域関係者の創意工夫による人材の育成やブランド商品の開発などで、雇用の創出を図ります。
http://www.mhlw.go.jp/houdou/2009/05/h0508-1.html