NPO労務サポーターで“有期労働契約”タグの付いているブログ記事

期間の定めのある労働契約の雇止めには、十分な配慮が必要

  • Google Bookmarks
  • Yahoo!ブックマーク
  • はてなブックマーク
  • del.icio.us
  • livedoor クリップ
  • POOKMARK Airlines
  • ニフティクリップ
  • Buzzurl
  • newsing it!


期間の定めのある労働契約(有期労働契約)では、雇止め(期間満了後、契約を更新しないこと)をめぐるトラブルが従業員の生活に大きな影響を与えることがあります。

裁判例によれば、期間の定めのない契約と実質的に変わらない場合や、反復更新の実態、契約締結時の経緯などから、引き続き雇用されることへの期待が合理的であると認められる場合は、解雇に関するルールが類推適用され、雇止めが認められないことがあります。

【有期労働契約に関する裁判例(下記URLのパンフレットP4,5をご覧ください)】
 https://krs.bz/roumu/c?c=1298&m=436&v=e6f8495e

【有期労働契約の在り方について】
 現在、厚生労働省では労働政策審議会労働条件分科会で、検討を行っています。
  http://www.mhlw.go.jp/stf/shingi/2r98520000008f5z.html#shingi3











 

「有期労働契約研究会報告書」について

  • Google Bookmarks
  • Yahoo!ブックマーク
  • はてなブックマーク
  • del.icio.us
  • livedoor クリップ
  • POOKMARK Airlines
  • ニフティクリップ
  • Buzzurl
  • newsing it!
厚生労働省は、「有期労働契約研究会」(座長:鎌田耕一東洋大学法学部教授)の報告書をとりまとめ、公表しました。

報告書は、有期労働契約の不合理・不適正な利用を防止するとの視点を持ちつつ、雇用の安定、公正な待遇等を確保するためのルール等について検討すべき、としています。具体的には、契約締結事由の規制、更新回数や利用可能期間に係るルール、雇止めに関するルール、有期契約労働者と正社員との均衡待遇及び正社員への転換等、幅広い論点について、課題を整理したものとなっています。

http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/2r9852000000q2tz.html