お客様の声・その1

  • Google Bookmarks
  • Yahoo!ブックマーク
  • はてなブックマーク
  • del.icio.us
  • livedoor クリップ
  • POOKMARK Airlines
  • ニフティクリップ
  • Buzzurl
  • newsing it!


松井淳太郎 様
松井淳太郎 様

(特活)ごみゼロネット大阪 副代表理事

【その他の役職】
(特活)大阪府民環境会議 理事
(社福)大阪ボランティア協会 評議員
流通科学大学 非常勤講師
元大阪ガス(株) いきいき市民推進室長

 

相談内容:非常勤スタッフの社会保険加入について

q04.gif
非常勤スタッフの公的保険加入について考えるきっかけをお聞かせください。

a05.gif
今まで、当団体の事務局スタッフは、日替わりで活動していました。そんな中、週3回、非常勤スタッフとして、ある方に来てもらうことになりました。非常勤スタッフを採用する際、どのような問題が発生するのかお聞かせいただきたく、相談に乗ってもらうことになりました。

q04.gif
貴団体が事業を進める上で、どんなことが大切だと、お考えでしょうか。

a05.gif
NPOは、組織基盤を固めたり、人材育成を行うことが必要です。当団体は、連携型活動をめざしています。当団体と、他のNPO、行政、企業とパートナーシップを結び、事業展開を行っています。
事業の発展とともに、その事業の中で人材が育つことで、今まで以上に活動範囲が増していくような展開が必要と、考えています。

q04.gif
事業の発展と、労務面の整備とのかかわりについて、ご意見をお聞かせください。

a05.gif
ポイントとなるのが、公的保険など労務面の整備です。NPOの運営は、労務面の整備をおさえた上で、人材育成や行政などとのネットワークを結ぶことが欠かせません。
企業においてCSR(企業の社会的責任)が求められるように、NPOにおいてはSR(NPOの社会的責任)が必要です。社会保険労務士など専門家の知恵を借りながら、SRをおさえた活動をすすめることが大切だと、考えています。
NPOの人たちは、法律や労務の基本より、人とのつながりや信頼を重視しがちな方が多いです。これからは、ベースとなる労務面の整備を踏まえた上での事業展開が求められるのではないでしょうか。

q04.gif
石田に相談された理由をお聞かせください。

a05.gif
石田さんとは、私が役員として、石田さんがスタッフとして活動していた(特活)大阪NPOセンターで、はじめてお会いしました。
また、石田さんが関わっている(特活)市民活動情報センターと、当団体の事務所が隣でしたので、ご縁を感じ、相談に乗ってもらいました。事業展開とともに、社会保険労務士といった専門家とのパートナーシップも大切だと、考えています。

q04.gif
今回ご相談いただいたケースでは、スタッフの方が公的保険に入るべき労働者となるかどうか微妙なラインでした。単純に法律でこうなっているから、と言って解決できませんので、いくつかの役所を回って見解をまとめ、松井さんに申し上げました。私の取り組みについての感想をお聞かせください。

a05.gif
当団体の悩みに対する解決策のポイントが、よくわかりました。労働基準監督署に書類を提出する際にも、スムーズにいきました。誠実に、かっちりと相談に応じるとともに、解決策を示してくれました。